Displaying 1 - 10 of 26 entries.

昔は相当お金をかけてたなと

  • Posted on 10月 13, 2014 at 8:00 AM

服が昔から大好きな私ですが、昔はワンシーズンに10万円くらいかけてオシャレをとことん楽しんでいたなと思い出します。
独身時代だからこそ出来る事なのでは? と、思えてしまいますが、今思うと本当にコレ勿体ないようにさえ感じてしまうので何だか世帯じみてしまったなぁ……なんて思えてしまうものですね。
そんな私ですがその当時かなりハマっていたファッションがあります。
それこそが黒いアンティーク系の姫系ファッション。
簡単に言ってしまえば普通の姫系ファッションにゴシック要素をプラスした雰囲気の妖艶系のファッションです。
更に簡単に言ってしまうとするのであれば、雰囲気的にはANASUIをイメージして頂くと「あぁ」なんて、納得出来てしまうのではないでしょうか。

そのテのファッションに4・5年は夢中だったのですが、コレが本当にお金がかかったのです。その当時はインターネット接続環境がガラケーのみだったので通販で安く服を買うなんて選択肢も無し。
東海地方の実家からよく買い物に東京に行っては、ブランドショップでお買い物をしていました。ワンピースは4万円ほどが相場、基本的にトップスとボトムスが分れているようなものでも1万円以上はしました。
この値段帯ですとフルコーデをして着こなすとなると……確かに10万超えは当たり前なのでは? と、思えてしまいますね。
月の手取りも普通のサラリーマン以上の正社員でバリバリに働いていたので別に痛手も無い出費だったのですが、半専業主婦となった今ではとてもでは考えられない出費だななんて思えてしまいます。
今では全く着なくなった傾向の服ですが、やっぱり値段を知っている分勿体なくて処分なんかなかなか出来ないものですね。

 

ブラトップかなり楽ちんです♪

  • Posted on 9月 29, 2014 at 8:00 AM

哀しい事に私は胸があまり大きくありません。否や無いです……。
けれど、それでも女性であるのならば必ずと言っていい程ブラジャーをつける事が必須だと思えますが、私はどうもブラジャーのワイヤーが嫌いであまりつけるのが好きではありません。
またTシャツ類を着ると透けてしまうので何だか嫌だななんて思えてしまうものですよね。そこで私がよく活用しているものと言うとブラトップ。
ブラトップは夏場限定のアイテムかな? なんて思ってしまうかも知れませんが無論秋・冬だって春夏秋冬を問わずに着る事が出来る便利なアイテムだと思えます♪
中でも最近のブラトップってデザインもかなり可愛らしいものが多いのでニットなどの下にINしたり重ね着にだって使えてしまうのでとっても重宝出来る存在だななんて思えます。さすがに1枚で着る事は無いものですがタンクトップ型になっていて、バック部分が可愛らしいレース加工になっているちょっとセクシーなものなんかも売られています♪

またこの時期というと夏モノ最終売り尽くしSALEなどで「必ず」いってイイほどにブラトップが超特価で販売されていますよね?
私はこの時期を狙ってブラトップを買い溜めて置くことが多いです。
1年を通して毎日の肌着として着る事が出来るので洗い替えは何枚あったとしても便利だなと思えます♪
毎日着ていますが個人的主観だと、綿製のものよりもポリエステルなどを含んだ素材のものの方が長持ちをするのでオススメが出来ますよ!

うーん・・

  • Posted on 9月 22, 2014 at 8:00 AM

夫が去年から服を買っていないせいですが、まったく同じ服で出かけるようになってしまっています。
買った当初はジーパンを変えたりアンダーシャツを変えたりしていたのですが、仕事が忙しくなってから外に出る機会も少なく、また外に出てもここのお店行こうといわないのでとても難しいです。
ユニクロや、GU、H&Mなどに行ってもメンズコーナーにも行きません。去年買った服はブランドだったので生地も良く、長持ちするので心配はしてませんでしたが、毎度毎度同じ服をデートで着られると、飽きてきてします。
一応、服買ったら?と声は毎回掛けてはいますが、別にいいよ、見てるだけで十分、といわれて撃沈。今は私からメンズコーナーいって、これどう?と購買意欲を誘っています。
別にお小遣いが少ないとかではないのですが、おそらく原因は夫はゲームが好きなので、服よりもゲームソフトに手が出ます。なるべくゲームコーナーに行かないようにしているのですが、職場がそういうところで働いているため、情報を得るために必ず立ち寄ってしまいます。
なので、これからも自分がお店を探して一緒に合う服を選ばなくてはいけないと考えてしまうと少し辛いかもしれません。ですが、一緒に買い物するのは悪くないので、我慢しようかと思います。

小物がボロボロだと台無しですね

  • Posted on 9月 14, 2014 at 12:00 PM

私の主人は物を長く大事に使おうとします。

でもそれって、かなりいい事ですよね? 経済的でもありますし「物を大切にする精神」これって本当に素晴らしい事だと思えます。

しかし、それでも限度という物はありますよね……。

つい先日気がついた事ですが、主人のベルトかなりボロボロに壊れています。
このベルトを購入した時の事を朧気に覚えていますが、今から4年以上前の事でした。
その時主人は白いベルトに一目惚れをして購入をしていました。
その時は私も「爽やかさがあっていいな!」なんて、いう風に思えたのですが、今となっては茶色くくすんでいまい、清潔感の欠片も全く無いのです。
小汚い。そういう風に思えてもおかしくない程の使い込みとなっています。
いくらトップスもボトムスもキレイに纏めていたとしてもこの小物たった1つがボロボロになっているだけで「清潔感なんて完全にぶち壊し」だと、思えました。
さすがにコレはマズいのでは……なんて、思えてしまいますね。
もうすぐ誕生日は迫ってるのでサプライズでベルトをプレゼントをしようかな? なんて思えてしまいます。
基本的にカジュアル系のベルトのレザーというと、本革製のものでもなくてフェイクレザーを使う事が一般的なので、やはり壊れるのは早くて当たり前だと思えます。
あまりにもみすぼらしくなる前に変える。コレも大事な事なのでは? と、思えますね。
小物がボロボロだとやはりだらしない人と見られてもおかしく無い事です。
オシャレに気を使うのであれば、身の回りの事なので見極めをして交換をする事も大事なのでは? と、思えてしまいますね!

ユニクロで買ったノースリーブのリネンシャツ

  • Posted on 9月 6, 2014 at 12:00 PM

今一番重宝しているファッションアイテムは、今年ユニクロで買ったコットンリネンのノースリーブのシャツです。
わたしにとって、夏物で一番困るのは洗濯が大変なことなので、自宅で気兼ねなく洗えるこの服はとても有り難く出番が多いです。
そして、丈が長過ぎず、短過ぎないので、スカートにインして履くことも出来るし、パンツに前部分だけインして履いても良く、カジュアルにも少しであれば、かしこまった感じにもなるので使い勝手がいいです。
また、夏は電車やお店、社内など冷房が強いところが多いので、袖なしのノースリーブタイプだとカーデガンを羽織った時に、腕部分がもしゃもしゃしないので助かります。
少しゆったりした袖の服を着ると、可愛いのですが、カーデガンやジャケットを着るとシワシワになるし、もしゃもしゃになるのでストールしか使えず、結局出番がなくなってしまいます。
また洗濯を家でするのが面倒なものは、わたしの場合、夏服では、ほとんど出番がなくなってしまします。
ユニクロのこのシャツは少しシワっとした素材なので、それを活かし、アイロンもいりません。
しかし、少しキリッときたい時にはアイロンをかけても不自然にならないし、袖がないのでアイロンも楽なので自然と出番が多いです。
ボタンを全部とじたり、2つ開けたりとアレンジもしやすいです。

やっぱりフレッピー大流行!?

  • Posted on 8月 27, 2014 at 8:09 AM

夏ももうすぐ終わりを迎えるワケですが、そろそろ気になる秋物アパレル。

9月なんて未だ暑いじゃん! ……なんて、思ってしまうかも知れませんが、やはりここで妥協してしまえば季節外れ認定されてしまう可能性もあるかもしれません。
確かに暑い季節ですが8月31日と9月1日。気温はそうそう変わらないかも知れませんが、9月というだけでニュアンス的には誰もが秋だと認識してしまうものです。
ですので秋ファッション是非とも早めにチェックした方が良いのでは? と、思えますね。

さて、そんな秋のトレンドでコレは絶対に流行る! なんて7月くらいから予測されているものと言うと、フレッピーコーデ。所謂ちょっと真面目君系のファッションですが、何だかクラシカルな雰囲気があって個人的イメージでは「現代の文学少年」みたいで何だか好感度が高いです♪
http://xn--2014-zm4cqbzf2j1fmdr409h.com/にも秋トレンドの事がこの他様々挙げられていますが、やはりTOPに来るだけあってかなり大注目されているのでは? なんて思えてしまいます。またこういった流行スタイルって案外難しいのでは? なんて、思えてしまうかも知れませんが、フレッピー系はボトムスなどは割と定番系のアイテムでも創り出す事が出来ちゃうのでコーデ1式をどさっと購入というワケでもなく手持ち服とアワセをして……と、いう事が簡単に出来るのでオススメできるコーデだと思えます!
是非ともチェックしてみては如何でしょうか♪

応用は一生不可能かも

  • Posted on 8月 18, 2014 at 9:00 AM

夫は自分だけで着るものを決めさせると本当にびっくりする格好になります。

あるときは秋葉原のオタク系、あるときは30代男性が着ている10代ファッション、そしてあるときは一時期はやった吉田栄作を彷彿させるかのごとく裸体に白シャツ一枚にデニム。
別にファッション誌をみて研究して素敵なお父さんじゃなくてもいいからせめて友達に会っても大丈夫な格好をしてほしい。
そう思い続けて、そして毎回指摘し続けて早5年。
もう最近は妻が許可した服しか買わず、そして毎日無難なポロシャツを着るだけ。
どうしてこうも応用が利かないのかと毎日不思議です。そして少し放置するとまた新しいキャラクターTシャツを買ってくるくせに着ない。
彼は着方がわからないのか、それとも生かし方をしらないのか。5年間こういうのはこうやって着ないほうがいいとかこれとあわせると違和感がないとか色々教えてきましたが、結局一人で服を選んで着ると元通り。
そのくせ妻がコーディネートしてフルセットを買ってもその通りには着ません。自分なりのポリシーがあるようです。
会社に行くときはスーツなので大幅にずれたりはしないので安心ですが、ストライプシャツにストライプネクタイで目が回りそうな着回しを平気でできるセンスにびっくりです

高校時代に度肝を抜かれた友達のファッションセンス

  • Posted on 8月 10, 2014 at 9:00 AM

私の高校時代の話なのですが、クラスメイト数人と休日に遊ぶ約束をしました。するとその中の一人がとんでもなくダサい服装だったので、度肝を抜かれました。

今から十数年前のことなのでかなり昔であり、今とは流行っているファッションも違っていましたが、その当時でも本当にダサかったのです。

まず上から下に向かって裾の幅が狭くなっているジーンズ、そして上半身にはなぜか光沢のあるブルーのブラウス、しかもそのブラウスの胸元には同じ素材のバラの形を模したリボンがついていたのです。下半身がジーンズとカジュアルなのに、なぜか上半身はゴージャスなブラウスというまったく統一感の取れていないファッションでした。

とくにそのブルーのブラウスはいまだに目に焼きついています。それほどインパクトが強く、笑いをこらえるのに必死になったほどです。またそれを直接指摘することもできないため、その日はそのまま遊びに出かけたのですが、周囲からの視線がものすごく気になりました。

私自身も胸を張ってオシャレだとはいえませんが、さすがに高校生で光沢のあるブルーのブラウスはないだろうと思いました。それにしてもいい意味で言えばすごく攻めたファッションセンスでした。

スーツ着用時のコーディネート

  • Posted on 7月 21, 2014 at 11:36 AM

仕事上、ほぼ毎日スーツを着ているのですがなるべくオシャレに着たいと思っています。あまり派手なスーツは持っていませんが、地味で少し変わった色の生地を選んで仕立ててもらったりしています。
やはり太っていると格好が悪いので定期的に運動などにも気を配ってはいます。

上下が同じ色と生地なのであまりコーディネートとは関係のなさそうなスーツですが、唯一ネクタイには注意するようにしています。
意外と相手はその日のネクタイのデザインを見ていることがあるもので、同じネクタイを2日連続するということはしません。

ブランド物も持ってはいますが、ネクタイに関して言えばそれほど高価なものにこだわる必要はないように思います。
むしろ、色々な種類のネクタイを毎日変えることによって自分の気分転換にもなりますし、周りからもオシャレだと好印象を持たれやすいと思います。

知り合いから聞いたやり方なのですが、100円ショップで売っているネクタイを大量に購入するということはおすすめです。

夏のメンズファッションにポロシャツ

  • Posted on 7月 19, 2014 at 8:00 AM

この季節かなり暑いので服の洗い替えがかなりの数が必須だな~なんて思ってしまうものですよね。当然、秋冬のように着回しが出来ないので1回洗濯は当たり前。

そう思うと、洗ってすぐ乾くような素材のものをチョイスした方が幾分も利口に思えるものです。夏の鉄板アイテムというと、やはりTシャツが思い浮かぶものですよね。
けれど、Tシャツだとちょっとカジュアル過ぎるかな~? なんて思う方でしたら、是非とも私はポロシャツを推奨したいと思えます。

ポロシャツというと襟つきのシャツ。
確かにこの襟があるだけでも気品の違いが出てくるものです。
夏場のクールビズとして、仕事着の制服などでもたまに使われている事もある程。
けれどポロシャツのイメージというと、自分の祖父がまさにそうだったのですが……農作業をするおじいさんの恰好というイメージがついている人も多いのではないでしょうか?
無地の白地のポロシャツ。確かに1歩間違えてしまうと、そう見えてしまってもおかしくないかも知れませんが、やはり着こなしや柄の入ったものを選ぶなどするだけで全くの別モノに見えるのです。
最近私も主人の服を選ぶのにメンズ部門のネット通販を閲覧していたのですが、ポロシャツもボタンありのもの無しのもの、デザイン性に凝って柄を襟元にあしらったものや着用雰囲気がとってもオシャレなものなどが販売されている事が分かり、この「農作業のおじいさん」というイメージが完全に拭われたと思えます。
またポロシャツは吸水性抜群な上、洗濯をしても乾きが早いというトコロも嬉しいですよね。夏のオシャレに是非取り入れて頂きたいアイテムだと思えます!